日大三 イメージ画像

中学トップページ > トピックス

トピックス

男子テニス部(高校)男子団体戦(2年連続)・男子ダブルスインターハイ出場決定!!

4月17日から始まった東京都高等学校テニス選手権大会(全国高校総体=インターハイの東京都予選)が、
6月5日に終了しました。 2か月にわたる戦いの最後にうれしい結果を出すことができました。

男子ダブルスにおいて、高校3年の久保田洋夢と高校2年の永井優輝が準優勝し、インターハイ出場の切符を手にしました。 約2000名出場する都大会は、全国でも強豪が揃う激戦区ですが、久保田・永井組は第3シードで出場し、決勝まで順調に勝ち上がり、東京第2位でインターハイ出場が決まりました。

また、21日・22日両日に行われた団体戦(シングルス2試合、ダブルス1試合での対戦)でも第2シードから決勝まで勝ち上がり、昨年の優勝には及ばなかったものの、 2年連続でインターハイ出場を決めました。
昨年のチームは3年生主体のチームだったので、今年は経験も浅い1年生2名を含む新メンバーで挑みました。
決勝はあと一歩及びませんでしたが、東京で2年連続出場権を獲得できたことは、チームとしても大きな自信になりました。
インターハイではベスト8以上を目指して頑張ります。

【団体戦メンバー】

3年 久保田 洋夢
2年 永井 優輝、住野 孝樹
1年 大舘 一輝、渡邉 慧

【団体戦結果】

5回戦
日大三高 3-0 麻布高校
6回戦 日大三高 2-0 駒場高校
準々決勝 日大三高 2-0 京華高校
準決勝 日大三高 2-0 成蹊高校
決勝 日大三高 1-2 東海大菅生高校

【個人戦ダブルス結果】

4回戦
久保田・永井(日大三高) 3-0 大舘・渡辺(日大三高)
準決勝 久保田・永井(日大三高) 2-0 立教池袋高校
決勝 久保田・永井(日大三高) 4-6、1-6 東海大菅生高校

【インターハイ】

7月28日〜8月3日 高知県高知市で開催

→男子テニス部ホームページへ

ページの上へ