日大三 イメージ画像

高校トップページ > トピックス

トピックス

平成30年(第8回)全国私立高等学校テニス選手権出場

1月25日から28日まで神戸総合運動公園とブルボンビーンズドームで個人戦のシングルスと団体戦が行われ、本校も初めて出場しました。

この大会は全国の私立学校の都道府県及び各地域を勝ち抜いたシングルス48名、団体戦28校で争われ、ハイレベルな戦いが行われます。男子シングルスには本校から高校2年の太田玲王と高校1年の森下諒が出場しましたが、どちらも全国の強豪校選手との対戦で、接戦に持ち込みましたが惜敗しました。その後の敗者復活戦では勝利を挙げることもでき、練習の成果を発揮することが出来ました。団体戦は一回戦で長野県の松商学園高校と対戦し、1-2で敗退しました。敗者復活の順位戦では、愛知県の岡崎城西高校に2-0、同じく愛知県の名経大市邨高校に0-2、北海道の北海高校に2-1、山梨県の駿台甲府高校に1-2と毎年インターハイ出場している全国の強豪校と中身の濃い戦いをすることができ、今後のチームにとって非常に大きな経験になりました。
これからも全国大会を目指して頑張りますので、応援を宜しくお願いします。

【男子シングルス】

高2:太田玲王
高1:森下諒

【団体戦】

高2:太田玲王、久保田涼介、植田優人
高1:西海隆太郎、森下諒、堀井駿佑、石井優大

→男子テニス部ホームページへ

ページの上へ