日大三 イメージ画像

高校トップページ > 学校案内 > 校長挨拶

校長挨拶

イメージ画像

 本校は、昭和4(1929)年、当時の赤坂区中ノ町にあった赤坂中学校が日本大学と合併し、日本大学付属赤坂中学校として創立されました。理事長の挨拶にあるように日本大学の教育目標は「自主創造」です。自らの意思で物事に取組み、対処を考えることで結果を現すことができる人間の形成を目指しています。

 学園創立時の鎌田彦一先生(バスターミナルで直立不動の姿で登下校する生徒を見守ってくれています)は日本大学の教育目標を実現すること、また、日本大学付属赤坂中学校を興隆せしめるため、本校の校訓「明・正・強」を打ち出しました。

 これは、感ずる人それぞれの解釈で如何様にも理解できます。日常の心の持ち方、行動の在り方、思考方向、物事への取り組み方等です。その様な人物を養成するため、学園は昭和51(1976)年赤坂の地から緑あふれる多摩丘陵に人間形成の場を移し、基礎学力の充実(授業第一)・文武両道の確立(精神と体力の並立)・学校行事の多様性を教育の柱に据え、生徒の知性・感性・社会性を育ててきました。

 建築40年を経過した現在の校舎は逐次、修改築を進め、生徒にとって使いやすいものに変えつつあります。約3万冊の蔵書を備えた図書室では、学習に必要な図書の検索機能をはじめ、生徒の自立的学習を支援する工夫を重ねています。

 教職員は生徒ひとりひとりに合わせたきめ細かな対応で、確かな学力と豊かな人間性を養い、自信を持って次の段階へと進んで行く生徒を育成しています。


ページの上へ