日大三 イメージ画像

中学トップページ > トピックス

トピックス

第6回全国選抜中学校テニス大会 優勝

3月29日から31日まで香川県営総合運動公園テニス場で第6回全国選抜中学校テニス大会(団体戦)が行われました。この大会はダブルス2試合とシングルス1試合の合計3試合(試合順D2→S1→D1・基本2面進行)で争われ、1回戦から準決勝までは1セットマッチ、決勝のみ8ゲームマッチで行われました。

昨年この大会では決勝戦で甲南中学(兵庫県)に敗れ、準優勝となり悔しい思いをしました。今大会は出場が決まった段階から「優勝を狙ってとりに行こう」とチームが団結していました。大会直前には、東京ジュニアが行われ、そこで勝田・岡部組が上位に進出し、関東ジュニアへの出場を決めました。勢いそのままに、今大会に臨むことができました。

大会がはじまると、どの試合も接戦続きとなりましたが、どんな状況でも気持ちを切らせることなく、全力でプレーし、勝ち進むことができました。特に岡部・吉村組は全試合で白星を挙げ、チームに勢いをもたらしました。また、1回戦と準決勝では、ダブルス2で出場した勝野・伊藤組に勝敗が託されました。伊藤は今大会が初の全国大会であったが、臆することなく安定したストロークで試合を組み立てました。ペアの勝野が要所でポーチに出て流れを引き寄せ勝利しました。

決勝戦(3面進行)はシングルスの勝田に勝敗がかかりました。勝田は全試合シングルスに出場し、準決勝まで各学校のエースとタフな試合を強いられ、自分のテニスが出来ずに苦しんでいました。しかし、決勝戦では苦しい場面でも守りに入らず、最後まで攻めきり、悲願の全国優勝を成し遂げました。

今回の優勝は、普段一緒に練習をしている高校生と共に勝ち取ったものだと思います。これからもチーム一丸となって日々の練習に励んでいきたいと思います。夏の全国中学でも優勝できるように頑張りますので、応援を宜しくお願い致します。

<メンバー>

中学2年:勝田匠・岡部悠希・吉村玲音・勝野太地・山田大起・中島 滉太・森ア僚太・小甲琉乃
中学1年:河野碧海・伊藤大志

<結果>

1回戦
日大三−松山市立余土中学校(愛媛)
2 − 1
2回戦
日大三−宮崎大学教育学部附属中学校(宮崎)
3 − 0
Q F
日大三−小平市立小平第二中学校(東京)
2 − 1
S F
日大三−四日市市立山手中学校(三重)
2 − 1
F
日大三−浪速中学校(大阪)
2 − 1

→男子テニス部ホームページへ

ページの上へ