日大三 イメージ画像

中学トップページ > トピックス

トピックス

中学野球部 第69回 東京都中学校野球春季大会 BEST16!

5月15日に開幕した第69回東京都中学校野球春季大会に2年連続で出場することができました。 開会式当日は天気にも恵まれ、町田市の代表として堂々たる入場行進をし、1回戦に臨みました。

都大会登録メンバー
背番号 氏 名 学 年 背番号 氏 名 学 年
1 熊澤 俊祐 3 11 末森 登希生 3
2 橋 稜雅 3 12 上屋敷 一樹 3
3 橋本 佳憲 3 13 新田 悠貴 3
4 羽原 太朗 3 14 伊藤 成駿 2
5 齋藤 大輔 3 15 溝上 遼 2
6 帯津 慶信 3 16 三上 楽斗 3
7 堤 健人 3 17 川嶋 健介 3
8 佐々木 大地 3 18 阿川 雄大 3
9 畑 泉 3 19 讃井 琢真 3
10 外岡 栞汰 3 20 清野 サラ 3
<1回戦> VS佼成学園中学校 (@上井草スポーツセンター)
  1 2 3 4 5 6 7
佼成学園 0 0 0 1 0 0 0 1
日大三 4 1 0 0 0 0 × 5

初回に先発熊澤が緊張の面持ちのままマウンドにあがり、2番にヒットを許す。相手も勢いづき嫌な雰囲気になるが、相手の走塁ミスで0点に抑える。
1回の裏、相手投手の制球が定まらず先頭の齋藤が四球を選び、2番の羽原が1球で送りバント成功!野手のエラーもあり、1アウトランナー23塁のチャンスに4番高橋が浮いた変化球を左中間へタイムリーヒット!そのままランニングホームランとなり3点を先制!動揺した相手をじっくり攻めて連続四球を選び、盗塁もからめ2アウトランナー23塁のチャンス!8番の畑がファールで粘り9球目を三遊間を抜くタイムリーヒットで4点目!2回3回と死球、ヒットでランナーを背負うも、練習通りの動きで相手に点を与えない。
2回裏に先頭羽原が低めのストレートをセンターへクリーンヒット!センターはグラブに当てるも後逸し、三塁打に!さらに野手の連携ミスもからんで一気にホームインで5点目!
4回に2本のヒットと四球で1点を失うも追加点は与えない。しかし3回から相手投手も調子を取り戻し、3回からは打者12人を7奪三振を含め完璧に押さえられ追加点を奪えず。
先発熊澤が足をつりそうになるアクシデントで7回は外岡にスイッチ。2アウトからヒット2本を打たれるも最後はサードゴロに打ち取り初戦突破!!

 <2回戦> 5月21日(土) 11:30〜
 VS狛江市立第四中学校 (上井草スポーツセンター)

都大会BEST8目指しての戦い。初回、先発の熊澤が3人で抑え、1回の裏先頭の齋藤がレフトへのヒットと相手のミスで0アウト満塁のチャンスに4番高橋が四球を選び押し出しで先制!1アウトを取られたあとに追加点を取りに仕掛けるも失敗し、1点止まり。2回、3回、4回とお互いチャンスが作れずに迎えた5回表。先頭を死球で出塁させ、送りバントの処理でミスをし、0アウト12塁。牽制悪送球で0アウト23塁と大ピンチ!1-1からの3球目に相手にエンドランを決められて2点を失い逆転を許す。6回には畑が2盗、3盗を決めるも代打新田、1番齋藤で追いつけず、最終回にヒット2本と四球で2アウト満塁のピンチを背負い、内野ゴロを打たせたが、連携ミスで1失点をし、1対3。最終回に2アウトから畑がヒットで出塁するも、ホームまでは帰れずに1対3で敗戦となりました。

2年連続BEST16での敗退に悔しい思いでいっぱいですが、日頃の練習でやってきたことは出し切ったが故の結果でした。この悔しさをバネに5月29日からの町田市選手権大会に臨み、また都大会出場をし、関東・全国へとつながる最後の大会にチーム一丸となって挑みたいと思います。
遠くまで2日間にわたり応援に来てくださった保護者の方をはじめ、卒業生、卒業生の保護者の方、学校・野球関係者など、本当に多くの方々から応援・激励の言葉を頂き感謝申し上げます。ありがとうございました。

→中学野球部ホームページへ

ページの上へ