日大三 イメージ画像

中学トップページ > 入試ガイド > よくあるご質問

よくあるご質問

Q1.通学圏は?通学方法は?

イメージ画像

本校の最寄の駅は、「多摩センター駅(小田急線・京王相模原線・多摩都市モノレール)」「淵野辺駅(JR横浜線)」「町田駅(小田急線)」です。いずれの駅からもバスを利用することになります。ただし、バスはスクールバスではありません(京王帝都バス・神奈川中央交通のバスを利用しますが、本校への急行・直行バスです)。毎年、利用者の数に合わせたバスの本数を配車しています。各駅からの所要時間は交通状況にもよりますが、多摩センターからは約15分、淵野辺駅からは約13分、町田駅からは約20分です。
→交通アクセスはこちらから


Q2.日大三中の教育の特色を教えてください。
校訓「明るく・正しく・強く」に則った教育を行っています。特に中学校では、年間を通じて文化行事・体育行事などさまざまな学校行事が行われます。これらに取り組む過程で、生徒たちは友達と協力する姿勢や創意工夫の精神などを会得していきます。特にここ数年は体育大会、百人一首かるた大会、合唱コンクールなどが盛んです。

Q3.日大三中独自の取り組みはありますか?
中学3年生で原稿用紙100枚以上の卒業論文制作に取り組みます。しかし、いきなり100枚分もの字数を埋められるわけがありません。そこで、国語の授業を中心に入学時から段階的にまとめ学習を行います。まず1年次には高尾山の校外学習や富士山での夏期学校という機会を利用して、新聞作りにチャレンジします。また、2年次には鎌倉の校外学習でレポート作成をします。この過程で、資料の集め方や吟味の仕方、わかりやすいまとめ方などを学びます。そして3年生の卒論制作へ。テーマは自分の興味あるもので構いません。この卒論がきっかけで、自分のクラブ活動や趣味に一層の興味を持てるようになったり、将来の夢を決めた先輩も少なくありません。

Q4.特色ある授業を教えてください。
中学校では、基本的な学習内容の徹底に重きをおいています。そこで、数・英において、基礎力をしっかりとつけられるように配慮した授業を展開しています。
数学はT・T方式(1クラスを複数の教員で指導にあたる)を導入しています。
また、英会話の授業(1年次)・英文法の授業(3年次)では、1クラスを2グループに分けて指導しています。1人の教員が20名程度の生徒を見ることになりますので、クラス全体で授業を行うよりもきめ細かく対応ができるようになっています。

Q5.中学校・高等学校のクラス編成を教えてください。
中学は1学年7クラス(1クラス40名前後)です。
高等学校は1学年10クラス前後の編成となっています。
高等学校の1年次は、内部進学生と高校入学生が別クラスとなります。2年次から混成となり、文理別のクラス編成となります。

Q6.高等学校へ進学するには?
基本的には希望者全員が進学できることになっています。ただし、成績や生活態度が著しく不良で、高等学校の学習や生活に適応できないとみなされた場合には、進学は認められません。

Q7.高等学校卒業後の進路は?
卒業生の3割が日本大学へ、5〜6割が他大学へ進学をしています(その他は短大や専門学校への進学、留学等)。日本大学の付属校ですが、他大学への進学も推奨しているのが本校進路指導の特色です。

Q8.補習・講習の実施状況は?
中学・高校ともに、補習は放課後に実施されます。国・数・英を中心に授業の理解が浅い生徒を対象として、授業担当者の判断で適宜実施しています。
また、講習については中学・高校ともに基本的には夏期休業中に実施します。
中学は、国・数・英について、レベルアップをはかりたいと考えている生徒を対象とした希望制の講座と、授業の理解が不足している生徒を対象とした指名制の講座があります。
高校は、やはり国・数・英が中心となりますが、すべて希望制の講座となります。
3年次には、センター試験対策や私大対策など目的別の講座も開講します。
この他、中学・高校生ともにステップアップをはかる生徒は、個人教授やグループ補習を自主的に申し出ており、職員室の質問コーナーを利用して学習に励んでいます。
大切なのは、初めから補習や講習をあてにせず、授業内で理解しようと努める気持ちを持つことです。当たり前のことですが、授業に集中して参加し、計画的に家庭学習に励む姿勢を身につけることが学力向上のためには必要不可欠になります。

Q9.クラブの活動状況は?
中学生の90%、高校生の82%がクラブに加入しています。
活動時間は午後6時までが目安となっていますが、クラブによってさまざまです。入学後、仮入部期間がありますので、活動日や活動時間、活動方針をよく確かめた上で入部登録をしてください。
→クラブ活動はこちらから

Q10.海外研修の制度はありますか?
希望者を対象とした海外体験学習を実施しています。中学3年の夏にアメリカ・カナダで、高校1年の夏にはオーストラリアで、ホームステイをすることになります。また、高校2,3年の春には、ヨーロッパ文化研修を実施しています。(平成28年4月現在)
その他、日本大学が主催する高校生を対象とした語学研修もあります(選抜試験あり)。

ページの上へ